スポンサーリンク

【八ヶ岳】青年小屋でテント泊して絶景の南八ヶ岳3座をめぐる夏の山旅! ~西岳・編笠山登頂編~

テント泊

青年小屋でテント泊をして、西岳、編笠山、権現岳の南八ヶ岳3座に登ってきました。曇り予報でしたが、両日とも好天に恵まれて、山頂から絶景はもちろんのこと、穏やかなテント泊を楽しむことができました。権現岳や西岳の高山植物も楽しめました。

この記事では、初日の西岳、編笠山の登頂と、青年小屋でのテント泊の様子をお届けします。

スポンサーリンク

青年小屋にテント泊して西岳・編笠山・権現岳の南八ヶ岳3座に挑戦!

青年小屋にテント泊をして、西岳、編笠山、権現岳に登ってきました。八ヶ岳最南端に位置するこれらの山々は、いずれも青年小屋のすぐ近くにあり、青年小屋をベースキャンプとして登るのに適しています。

編笠山には、初めての八ヶ岳登山として、2年前に日帰りで登りました。

【八ヶ岳】八ヶ岳南端の「編笠山」に観音平から日帰り登山! 八ヶ岳を見渡せる眺望が美しい山!
八ヶ岳の最南端にある「編笠山」に日帰りで登ってきました。山頂からは八ヶ岳全体が見渡せる眺望が魅力的な山です。山頂直下の急登はかなりキツイですが、危険なところは少ないため、筆者のような初八ヶ岳におすすめの山です。「編笠山」とは?編笠山は、...

このときは観音平から編笠山へ登り、青年小屋経由で観音平へと戻りました。山頂はガスが多めで眺望はイマイチだったのですが、苔むした森の様子や、山域全体の雰囲気に惹かれ、日帰りではもったいないな、と思ったのでした。

翌年、今度は赤岳鉱泉にテント泊して、八ヶ岳の主峰、赤岳をはじめ、硫黄岳や横岳に登ってきました。

【八ヶ岳】南八ヶ岳(硫黄岳・横岳・赤岳)を縦走する山旅 ~赤岳鉱泉テント泊編~
赤岳鉱泉でテント泊をして、硫黄岳~横岳~赤岳の稜線を歩いてきました。テント泊は昨年の富士見平小屋に続いて2回目。南八ヶ岳の絶景を満喫しつつ、赤岳鉱泉でのキャンプも楽しむことができて、最高の山行になりました。この記事では、今回の八ヶ岳テント...

今年は、まだ登ったことのない権現岳と西岳に登りたいと思い、青年小屋にテント泊して巡る計画を立てたのでした。

今回のコースは以下のとおりです。

初日に、富士見高原ゴルフ場の登山口から西岳へ。山頂を踏んだあと、青年小屋に下ってテントを設営。青年小屋から編笠山をピストンしました。

2日目は、早朝から権現岳へ。青年小屋に戻ったあと、テントを撤収して、お昼過ぎに観音平に下山しました。

東京から公共交通機関利用でも、十分に余裕のある行程で1泊2日でのテント泊が可能なコースです。

主な行程は以下のとおりです。

  • 1日目
    • 09:35 富士見高原ゴルフ場 出発
    • 12:30 西岳山頂 到着(お昼休憩)
    • 13:15 西岳山頂 出発
    • 14:00 青年小屋 到着(テント設営・休憩)
    • 16:15 青年小屋 出発
    • 16:35 編笠山山頂 到着
    • 16:50 編笠山山頂 出発
    • 17:10 青年小屋(テント泊)
  • 2日目
    • 05:55 青年小屋 出発
    • 06:15 のろし場
    • 06:40 西ギボシ
    • 07:00 権現岳山頂 到着
    • 07:20 権現岳山頂 出発
    • 07:45 東ギボシ 到着
    • 08:05 東ギボシ 出発
    • 08:40 青年小屋(テント撤収)
    • 10:00 青年小屋 出発
    • 12:00 観音平 下山

東京の自宅から電車とタクシーで富士見高原の登山口までアクセスしたので、出発時刻は遅めですが、西岳の山頂を踏んで、14時には青年小屋のテント場に到着したので、十分に余裕のある行程でした。

2日目は、もう少し遅く出発しようと思っていたのですが、午前4時過ぎには明るくなってきて目が覚めてしまったので、出発を早めました。権現岳をゆっくり往復して3時間弱。テントで一休みしてから下山しようと思いましたが、テント内が猛烈に暑くなってしまったので、さっさと撤収して下山しました。

西岳・編笠山・権現岳登山口への公共交通機関でのアクセス

西岳・編笠山の登山口は、富士見高原と観音平の二つがあります。西岳へは富士見高原、編笠山へは観音平が最も近いです。いずれも、駅から路線バス等はありませんので、タクシー利用となります。

  • 富士見高原
    • JR中央本線 小淵沢駅からタクシーで約20分(約3,200円)
  • 観音平
    • JR中央本線 小淵沢駅からタクシーで約20分(約3,500円)

今回は、新宿から特急「あずさ1号」(新宿07:00発、小淵沢08:53着)で小淵沢駅まで行き、事前に予約していたタクシーで富士見高原までアクセスしました。

小淵沢駅の駅前にはタクシーが常駐していますが、登山シーズンの土休日は予約をしておいたほうが良いでしょう。今回は前日に電話で予約をしておきました。小淵沢駅前から乗車の場合、予約しておいても迎車料金はかかりません。

下山時は観音平に到着してから電話でタクシーを呼びました。たまたま、すぐ近くにいたので5分ほどでやってきましたが、通常は20分くらいは見ておいてほしいとのことでした。迎車料金が少しかかり、観音平→小淵沢駅で3,800円程度でした。

北杜タクシー(株)・小渕沢タクシー(株) ”タクシーで巡る高原の旅”

なお、小淵沢駅から観音平へは、夏季~秋季の期間限定ですが、シェア型登山タクシー「MOUNTAIN TAXI」が運行しています。「あずさ1号」に接続する午前9時の便が便利です。平日は片道1,000円、土休日でも1,500円ですので、通常のタクシーよりもお得です。

山梨県北杜市 | マウンテンタクシー/MOUNTAIN TAXI
山梨県北杜市とTHE NORTH FACEの包括連携事業によるシェア型登山タクシーサービス、 マウンテンタクシー/MOUNTAIN TAXI。JR小淵沢駅から南アルプスの玄関である尾白川渓谷駐車場と、八ヶ岳の玄関である観音平駐車場の2路線で運行中です。

権現岳に最も近い登山口は、JR小海線側にある天女山登山口です。甲斐大泉駅からタクシーでアクセスできますが、タクシーが常駐している駅ではないので、事前の予約がおすすめです。

  • 天女山登山口
    • JR小海線 甲斐大泉駅からタクシーで約10分(約1,600円)
    • JR小海線 甲斐大泉駅から徒歩1時間20分

【西岳】高山植物を眺めながら西岳に登頂!

富士見高原を出発、登山口からはひたすら山頂への緩やかな道を直登します。樹林帯を抜けると高山植物がお出迎え。山頂からは、編笠山を正面に、権現岳も望む景色を楽しむことができました。

富士見高原ゴルフ場をスタート!

富士見高原ゴルフ場

富士見高原ゴルフ場からスタート!

小淵沢駅から予約していたタクシーに乗車し、富士見高原ゴルフ場に9時15分ごろに到着。支度を済ませ、9時半過ぎに出発します。「編笠山・西岳登山口」とある方へ登っていきます。

富士見高原ゴルフ場近くのゲート

富士見高原ゴルフ場近くのゲート、登山口はこの先です

すぐにこのようなゲートがあり、一般車はこれ以上入れないようになっているようです。

舗装路から登山口への分岐

舗装路から登山口への分岐

先ほどのゲートからすぐのところに、登山口があります。このあとも林道に出たり、登山道っぽい道を歩いたりを繰り返していきます。

登山道脇に咲く「ダイコンソウ」

登山道脇に咲く「ダイコンソウ」

登山道脇の黄色いお花。ダイコンソウという夏の花のようです。このあたりは標高1,300メートル前後ですから、高山植物というわけではなく、野山に咲く花のようです。

林道の五叉路

林道の五叉路、道標に「西岳」とある方へ

林道に出たり、また登山道っぽい道へ入ったりを繰り返して五叉路に出ました。このあたりは道が入り組んでいるので、道標をしっかり確認して間違えないように注意しましょう。ここは「西岳」とあるほうに進みます。

林道脇に咲く「シモツケ」

林道脇に咲く「シモツケ」

林道の脇に咲いていたきれいな花。シモツケというお花だそうです。

不動清水で冷たい水を汲んで本格的な登山道へ

冷たい水が湧き出る水場「不動清水」

冷たい水が湧き出る水場「不動清水」

富士見高原ゴルフ場から30分強で「不動清水」に到着。不動清水は冷たい水が湧き出る水場です。まだスタートしたばかりですが、水筒に水を継ぎ足していきました。

不動清水のそばに咲く「ウツボグサ」

不動清水のそばに咲く「ウツボグサ」

不動清水の周辺にもお花が咲いています。この紫色の鮮やかな花は「ウツボグサ」のようです。

ここから本格的な登山道に入るので、少し休憩して息を整えます。

不動清水にある西岳への登山口

不動清水にある西岳への登山口

不動清水のすぐ横にある西岳への登山口。ここが本当の意味での登山口です。ここから先は登山道が続きます。

西岳への緩やかな登山道

西岳への登山道、最初は緩やかな登りです

最初は比較的緩やかで歩きやすい道が続きます。何度か林道っぽい道を横切りますが、登山道はすぐ目の前に続いているので、迷うことはなさそうです。

テント泊装備を詰め込んだザック

テント泊装備を詰め込んだザックは重い…

やはりテント泊装備は重い! 暑さもあって、こまめに休憩して、水分補給を欠かさないようにします。

ひたすら真っすぐ登る西岳の登山道

ひたすら真っすぐ登る西岳の登山道

真っすぐ登っていきます。直登っぽいですが、西岳のすそ野は傾斜が緩やかなので、登山道もそれほど急ではありません。ただ、ひたすら登りではあります。

そして、やっかいなのがアブ。最盛期を過ぎてだいぶ減ったようですが、ときどきまとわりついてくるヤツがいます。常に追い払っていれば咬まれることはないですが、うざいです。日当たりの良いところではトンボがたくさん飛んでいて、アブがいないので、休憩するなら日当たりの良いところがよさそうです。ちょっと暑いですが……。

傾斜の急な登山道を登って森林限界へ

標高2000メートル付近からやや急になる西岳の登山道

標高2000メートル付近からやや急になり、岩や石も増えてきます

標高2,000メートルを超えたあたりから、やや急な登りになります。急登というほどではないですが、大きな岩や石も増えてきて、テント泊装備を背負っていると、かなり体力を奪われます。

いつの間にか植生も変わっていて、シラビソやコメツガの樹林帯へ。

標高2138メートルにある「小広場」

標高2138メートルにある「小広場」、休憩に良い場所です

標高2,138メートルの「小広場」。名前のとおり、小さな広場になっています。休憩するには良さそうな場所ですが、この少し手前で水分補給をしたので、ここはスルーします。

小広場に咲く「ニッコウキスゲ」

小広場に咲く「ニッコウキスゲ」

小広場に咲いていた大きな黄色いお花。ニッコウキスゲですね。

大きな岩が増えてきた西岳の登山道

大きな岩が増えてきた西岳の登山道

危険箇所はないですが、大きな岩や石が増えてきて、なかなかキツイです。

樹林帯を抜けて視界が開けた西岳の登山道

樹林帯を抜けて視界が開けた西岳の登山道、高山植物もたくさん咲いています

しばらく悪戦苦闘して登っていると、急に視界が開けました。この先も樹林帯が続いていたので、本当の意味での森林限界ではなさそうですが、このあたり一帯は樹木が少ないようです。

西岳の登山道から眺める編笠山

西岳の登山道から眺める編笠山

右手には、編笠山が良く見えています。本当に「編笠」のようにきれいで穏やかな山容の山です。山頂直下はかなりエグい岩が続く急登だったと思いますが……。

岩陰にたくさん咲いている「イブキジャコウソウ」

岩陰にたくさん咲いている「イブキジャコウソウ」

日当たりが良いこのあたりは、高山植物がたくさん咲いていました。この淡い紫色の小さなお花は「イブキジャコウソウ」。西岳に限らず、権現岳などでもたくさん目にしました。

この先もよく見かけた「オトギリソウ」

この先もよく見かけた「オトギリソウ」、黄色いお花が鮮やかです

この黄色いお花もよく見かけました。「オトギリソウ」かな。

岩陰に咲く「イワシャジン」

岩陰に咲く「イワシャジン」

淡い紫色が美しい「イワシャジン」。釣鐘形のきれいなお花です。

高山植物と絶景の西岳山頂に登頂!

西岳の山頂

西岳の山頂に到着!

先ほどの視界が開けた場所から、再び樹林帯に入り、少し登ると、西岳の山頂に到着です! 標高は2,398メートル。富士見高原からの標高差は約1,000メートルです。テント泊装備を背負って山頂を踏んだのは今回が初めて。とても疲れました(笑)

西岳山頂から眺めるギボシと編笠山

西岳山頂から眺めるギボシと編笠山

西岳の山頂は南東側に少し傾斜していて、その目の前には編笠山とギボシが見えます。丸っこい編笠山と、ギザギザと険しいギボシ。隣同士の山なのに、こんなに山容が違うのは不思議です。

西岳山頂から編笠山越しに眺める富士山

西岳山頂から編笠山越しに眺める富士山

よく見ると、編笠山の斜面の向こうに、小さく富士山が見えていました。雲に隠されてしまいそうですが、真夏の昼間にここまでくっきりと見えるのは珍しいのではないかと思います。

西岳山頂から眺める小淵沢方面の町

西岳山頂から眺める小淵沢方面の町

ぷかぷかと浮かぶ雲の下に、下界の街並みが見えます。方角的には小淵沢のあたりですね。

西岳山頂から眺めるギボシと赤岳?

西岳山頂から眺めるギボシと赤岳?

樹木で遮られてしまっていますが、北東側、ギボシの左側に見えるのは赤岳でしょうか。

西岳山頂でランチ!

西岳山頂でランチ!

景色をひととおり眺めたところで、岩の上に腰を下ろして、軽いランチにします。いかにも「夏山」という景色を目の前に食べるお昼は最高ですね。

西岳山頂のオトギリソウの群生

西岳山頂のオトギリソウの群生

岩陰には高山植物がたくさん咲いています。これはオトギリソウの群生かな。

西岳山頂に咲く「ホタルブクロ」

西岳山頂に咲く「ホタルブクロ」

紫色の大きな花が印象的な「ホタルブクロ」。

西岳山頂に咲く「イブキジャコウソウ」

西岳山頂に咲く「イブキジャコウソウ」

西岳に登る途中でも見かけた「イブキジャコウソウ」もたくさん咲いていました。

7月下旬の西岳山頂は、トンボとハチがたくさん飛んでいました。トンボがたくさん出てきたせいか、アブはほとんどいませんでした。ハチは小さなものばかりで、一生懸命に高山植物の花の蜜を吸っています。いじめなければ襲ってくることもなさそうです。

西岳山頂の様子

西岳山頂の様子

西岳山頂の様子です。そこそこの広さがあり、やや傾斜していますが、岩が多くて腰かけられる場所がたくさんあります。この日は日曜日でしたが、時間がやや遅かったためか、山頂には2組が休憩しているだけでした。

西岳山頂から青年小屋へ

西岳山頂から青年小屋への登山道の入口

西岳山頂から青年小屋への登山道の入口、最初は急坂を下ります

西岳山頂で十分に休憩し、景色も堪能したので、今日のキャンプ地となる青年小屋に向かいます。西岳山頂からは、シャクナゲに囲まれた急坂を少し下ります。

西岳山頂付近の登山道に咲く「オオタカネバラ」

西岳山頂付近の登山道に咲く「オオタカネバラ」

西岳山頂から登山道に入ったすぐのところに、オオタカネバラが咲いていました。

西岳から青年小屋へのシラカバの道

西岳から青年小屋へのシラカバの道、快適に歩けます

山頂直下の急坂さえ下ってしまえば、あとはシラカバに囲まれた歩きやすい道が続きます。アップダウンもそれほどありません。

西岳~青年小屋の途中にある崩壊地

西岳~青年小屋の途中にある崩壊地

しばらく歩くと、大きく崩壊したところを通過します。

青年小屋近くにある水場「乙女の水」

青年小屋近くにある水場「乙女の水」、テン泊用に汲んでいきます

崩壊地を渡ったところに、「乙女の水」という水場があります。雨が降らない日が続くと水量が減ることもあるそうですが、この日は水量は十分。ザックをおろして、プラティパスとナルゲンボトルに水を汲んでいきました。冷たくておいしい水です。そのまま飲みましたが、特に問題ありませんでした。

青年小屋のテント場

青年小屋のテント場に到着! テントは数えるほど。

14時過ぎに青年小屋のテント場に到着! いつもの日帰り登山に比べれば、距離、累積標高ともに大したことはないはずですが、テント泊装備を担いでいたので、かなり疲れました。

【青年小屋・編笠山】編笠山を往復して青年小屋脇から美しい夕陽を眺める!

青年小屋でゆったりとしたキャンプを楽しみ、夕方に編笠山を往復。夕食後は、青年小屋の近くから美しい夕陽と夕焼けを眺めることができました。

青年小屋のテント場でのんびり休憩

青年小屋

青年小屋でテント泊の受付、1泊800円です

日曜日の午後ということもあってか、テントは数張りのみ。めぼしい場所にザックをおいて、青年小屋でテント泊の受付をしました。1泊800円(トイレのチップ込み)とリーズナブルです。

青年小屋のテント場に設営したテント

青年小屋のテント場に設営したテント

西日を避けるために、端っこの方に張ってみました。西日を避けることはできましたが、樹木が近すぎて、やや虫が多かったです。でも、夜になると虫たちの活動もおさまりました。

青年小屋前のテーブルで乾杯!

青年小屋前のテーブルで乾杯!

青年小屋の前のテーブルで、小屋で購入したビールとおつまみで乾杯!

日曜の午後ということもあり、人が少なくて快適! と思っていたら、15人くらいの団体さんが到着しました。みなさん、青年小屋に宿泊するようです。

テントから眺めるギボシと権現岳

テントから眺めるギボシと権現岳、最高です!

テントに戻り、景色を眺めながらまったり。目の前には、明日、登る予定のギボシと権現岳が見えています。この日は、午後はにわか雨があるかもしれないという予報でしたが、今のところその心配はなさそうです。

テント前でコーヒーを淹れてまったり

テント前でコーヒーを淹れてまったり

テントの前でコーヒーを淹れてくつろぎます。テント泊は、このまったりとした時間がたまらないですね。なので、テント泊の時は、行程は短めにして、テント場でくつろぐ時間を長めにとるようにしています。

夕方の編笠山を往復!

しばらく休憩したあと、暗くなる前に編笠山を往復することにしました。コースタイムでは往復で1時間弱です。アタックザックに最低限のものを詰めて出発!

青年小屋上のゴーロ帯からの眺め

青年小屋上のゴーロ帯からの眺め、正面はギボシ

青年小屋の前に広がるゴーロ帯を登っていきます。赤いペンキでつけられた〇印や矢印を頼りに登ります。

少し登ったところで振り返ると、やや雲が多くなってきてしまったようで、ギボシと権現岳にはガスがかかってきました。

編笠山山頂

編笠山山頂に到着! 夕方なので誰もいません

30分弱で編笠山の山頂に到着! ギボシと権現岳は雲に隠れてしまいました。

編笠山山頂から雲越しに見る麓の街並み

編笠山山頂から雲越しに見る麓の街並み

誰もいない山頂で、目まぐるしく変わる雲を眺めていました。雲の切れ間から麓の町が見えています。

編笠山山頂から眺めるギボシと権現岳

編笠山山頂から眺めるギボシと権現岳

少し待っていると、青空が出てきたり。本当にダイナミックな雲の動きを見ることができました。青年小屋のテント場と標高は100メートルちょっとしか変わらないはずですが、雲の動きはまったく違いますね。

編笠山山頂から眺める西岳と諏訪湖

編笠山山頂から眺める西岳と諏訪湖

先ほど登ってきた西岳は良く見えていました。西岳の左奥には、雲の合間から諏訪湖がちらりと。

編笠山山頂に咲くウスユキソウ

編笠山山頂に咲くウスユキソウ

編笠山の山頂はかなり大きな岩で覆われていますが、その岩陰には白いお花が。ウスユキソウでしょう。

ガスが晴れた権現岳とギボシ

ガスが晴れた権現岳とギボシ

山頂をあとにして、青年小屋へ戻ります。下ってくると、ギボシと権現岳からガスが取れて晴れてきました(笑) 明日はあちらの山に登るので、そこからの絶景を期待しましょう。

夕食後は見事な夕焼けを鑑賞!

テントに戻って二度目の乾杯!

テントに戻って二度目の乾杯!

テント場に戻ってきて、持参したビールとおつまみで二度目の乾杯。こんなのを持ってくるからザックが重くなるのです(笑)

夕食の尾西のご飯とフリーズドライの親子煮

夕食の尾西のご飯とフリーズドライの親子煮

夕食は尾西のご飯に、フリーズドライの親子煮をかけて、親子丼! アルファ米ができるまでの15分間、ビールを飲みながら待ちます。この親子煮、お湯で溶くだけなのに、十分おいしいです。

青年小屋脇から眺める夕陽

青年小屋脇から眺める夕陽

夕食後は、カメラをもって青年小屋の脇へ。夕陽を眺めにきました。ゴーロ帯に少し入ったところの岩の上が特等席!

夕陽を受けて赤く染まる権現岳

夕陽を受けて赤く染まる権現岳

夕陽を受けて赤く染まる権現岳。青年小屋に宿泊している団体さんも、夕陽を眺めに出てきました。お話をしながら日没を待ちます。

西空に広がる雲の合間に沈む夕陽

西空に広がる雲の合間に沈む夕陽

18時53分ごろ、西の低い空にかかる雲の中に夕陽が沈んでいきました。

見事に焼けた日没後の西空

見事に焼けた日没後の西空

日没から10分後、西の空が見事に焼けました。

夕焼け空に広がる雲海

夕焼け空に広がる雲海

西の空をアップにしてみると、どうやら雲海になっているようです。

日没を迎えだんだんと暗くなる空

日没を迎えだんだんと暗くなる空

だんだんと空が藍色から暗くなっていきます。この時間帯の空の色は大好きです。

30分ほど青年小屋の近くで夕陽を眺めたり、写真を撮ったりしていましたが、とても良いものを見せてもらいました。山の中に泊まるからこそ見られる風景ですね。

すでに19時15分過ぎ。このあと、トイレを済ませて就寝しました。

権現岳登山の様子は、次の記事でお届けする予定です(続く)。


以上、「【八ヶ岳】青年小屋でテント泊して絶景の南八ヶ岳3座をめぐる夏の山旅! ~西岳・編笠山登頂編~」でした。テント泊装備を背負っての西岳登頂はキツかったですが、山頂からの絶景と高山植物を楽しむことができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました