八ヶ岳

八ヶ岳八ヶ岳

八ヶ岳(南八ヶ岳)エリアの特徴

南八ヶ岳は、ゴツゴツとした絶景の稜線歩きを楽しめるエリアです。八ヶ岳最高峰の赤岳(2,899メートル)をはじめとして、硫黄岳、横岳などの南八ヶ岳の主稜線は、岩場や鎖場が続く核心部。お天気の良い日に登れば、素晴らしい絶景を楽しむことができます。

また、日帰りで登れる編笠山や西岳、権現岳なども魅力的。首都圏からのアクセスも良く、北アルプスなどに比べるとコンパクトにまとまっている山域なので、日帰りや1泊2日でも十分に楽しむことができます。

八ヶ岳エリア レベル別おすすめの山

私がこれまでに登ってきた八ヶ岳の山から、レベル別におすすめの山を紹介します。

中級者向けのおすすめの山

南八ヶ岳の山々を一望できる編笠山の山頂

南八ヶ岳の山々を一望できる編笠山の山頂

南八ヶ岳の南部にある編笠山は、標高2,524メートルの山。険しい山容の山が多い南八ヶ岳にあって、その名前のとおり、編笠のような丸っこい形をした山です。

登山口となる観音平から編笠山へのピストンでのコースタイムは6時間弱ですので、東京から電車利用での日帰りも可能です。標高差は1,000メートルほどありますので楽な山ではありませんが、危険箇所が少なく、最初に登る八ヶ岳の山としておすすめです。

山頂からは八ヶ岳の山々を一望できます。私も最初に登った八ヶ岳の山が編笠山でしたが、次は山頂から見える赤岳に挑戦しよう! と思ったものです。

権現岳山頂からの赤岳・阿弥陀岳方面の眺望

権現岳山頂からの赤岳・阿弥陀岳方面の眺望

編笠山のとなりにある権現岳は、編笠山とは対照的にゴツゴツとした山容の山です。編笠山の山頂直下にある青年小屋で1泊すれば、編笠山とあわせて登ることができます。権現岳の山頂からは、赤岳、阿弥陀岳などの南八ヶ岳の山々を一望できます。

編笠山の隣にある西岳とあわせて、青年小屋泊で3つのピーク(西岳・編笠山・権現岳)を踏むルートがおすすめです。青年小屋はテント泊もOK。広々とした平らなテント場ですので、テント泊初心者にもおすすめです。

上級者向けのおすすめの山

横岳・硫黄岳の稜線

赤岳への登りの途中で振り返ると硫黄岳・横岳の稜線を一望できます

硫黄岳~横岳~赤岳とつづく稜線を歩くコースは、南八ヶ岳の醍醐味を存分に味わうことができます。岩場や鎖場が続く稜線は、多少の慣れが必要で気を使いますが、その分、稜線からの絶景は必見!

稜線の下には赤岳鉱泉や行者小屋といった山小屋がありますので、ここで1泊すれば、十分に南八ヶ岳を楽しむことができます。いずれも登山口となる美濃戸口からは3時間ほど。標高差はそれなりにありますが、急登はないので、テント泊もおすすめです。テント泊の翌日、テントを張ったまま稜線を周回しましょう。

八ヶ岳(南八ヶ岳)への公共交通機関でのアクセス

南八ヶ岳の登山口へは、中央本線の主要駅からバスやタクシーを利用します。

  • 観音平(編笠山・権現岳)
    • 中央本線小淵沢駅からタクシーで約20分(3,500円程度)
    • シーズン中は事前予約制のシェア型タクシー「MOUNTAIN TAXI」を利用すれば、通常のタクシーを利用するよりも安くなります。
  • 美濃戸口(赤岳・横岳・硫黄岳など)
    • 鉄道+路線バス: 中央本線茅野駅からアルピコ交通の路線バス「美濃戸口線」で約40分
    • ※路線バス「美濃戸口線」は土休日とごく一部の平日のみ運行

美濃戸口への路線バスは土休日と、お盆休みなどのごく一部の平日のみ運行です。バスが運転されない日に行く場合には、茅野駅からタクシー利用(片道約6,000円)となります。

路線バスの運行日や時刻表については、アルピコ交通のWebサイトをご確認ください。

路線バス | 長野のバス・鉄道ならアルピコ交通株式会社
信州・長野から全国各地へ【アルピコ交通株式会社】。一般路線バスの時刻表・のりば案内・よくあるご質問・路線バスの乗車方法。ICカードKURURUの使い方についてご紹介しております。主要駅からの路線バス取扱い確認も可能。

八ヶ岳エリアの登山記

スポンサーリンク
テント泊

【八ヶ岳】青年小屋でテント泊して絶景の南八ヶ岳3座をめぐる夏の山旅! ~権現岳登頂編~

南八ヶ岳のテント泊登山、初日は西岳に登頂したあと青年小屋でテント泊するところまでお届けしました。今回は、2日目、権現岳に登頂したあと、青年小屋でテントを撤収して、観音平に下山するところまでをお届けします。 1日目の西岳・編笠山の登頂と青年小...
テント泊

【八ヶ岳】青年小屋でテント泊して絶景の南八ヶ岳3座をめぐる夏の山旅! ~西岳・編笠山登頂編~

青年小屋でテント泊をして、西岳、編笠山、権現岳の南八ヶ岳3座に登ってきました。山頂から絶景はもちろんのこと、穏やかなテント泊を楽しむことができました。権現岳や西岳の高山植物も楽しめました。この記事では、初日の西岳、編笠山の登頂と、青年小屋でのテント泊の様子をお届けします。
テント泊

【八ヶ岳】南八ヶ岳(硫黄岳・横岳・赤岳)を縦走する山旅 ~硫黄岳→赤岳縦走編~

2021年8月下旬、2泊3日で赤岳鉱泉にテント泊して、硫黄岳、横岳、赤岳に登ってきました。硫黄岳の緩やかな稜線歩きから、岩峰が続く横岳の稜線、そして、最高峰赤岳へと、変化にとんだ登山を満喫することができました。 南八ヶ岳の3峰、硫黄岳・横岳...
テント泊

【八ヶ岳】南八ヶ岳(硫黄岳・横岳・赤岳)を縦走する山旅 ~赤岳鉱泉テント泊編~

赤岳鉱泉でテント泊をして、硫黄岳~横岳~赤岳の稜線を歩いてきました。テント泊は昨年の富士見平小屋に続いて2回目。南八ヶ岳の絶景を満喫しつつ、赤岳鉱泉でのキャンプも楽しむことができて、最高の山行になりました。 この記事では、今回の八ヶ岳テント...
八ヶ岳

【八ヶ岳】八ヶ岳南端の「編笠山」に観音平から日帰り登山! 八ヶ岳を見渡せる眺望が美しい山!

八ヶ岳の最南端にある「編笠山」に日帰りで登ってきました。山頂からは八ヶ岳全体が見渡せる眺望が魅力的な山です。山頂直下の急登はかなりキツイですが、危険なところは少ないため、筆者のような初八ヶ岳におすすめの山です。 「編笠山」とは? 編笠山は、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました